とんかつQ&A「この世界の片隅に」

Q.
 

ロースおじさんは『この世界の片隅に』観ました? どうでした?



お名前:面科さん





A




フンッ…………………
フハァアア……………………………
ハアッ………………
………………………………
…………………………
………………………
フゥゥゥーーーーーー……………
ハァ…ハァ…ハァ…


あ、ゴメンゴメン。おじさん、『この世界の片隅に』のこと聞かれたら、肘とつま先で体を支える体勢を3分間維持する「プランクチャレンジ」でやり過ごすことにしとるんよ。というわけで、この脂ぎった吐息がおじさんの「答え」や。さよなら。


ってわけにもいかんよね、やっぱり。でもねえ……正直気が進まないんよ。『この世界の片隅に』についてなんか言おうとするとき、おじさんの眼前に重々しい扉がそびえるんよね。具体的にはキルアの実家の門ね。こじ開けるのにメチャメチャな筋力を消費するし、開ける奴のパワーによって開く扉のサイズがぜんぜん違う、みたいな。

いや、いい映画なんよ? ホントに。いわゆる辛気臭い「反戦映画」って雰囲気はぜんぜんないし、戦時下の日常をものすごく丁寧な考証と筆致で描いたコメディで、若い子でも肩肘張らずに楽しめるんやないかな。こうの史代先生の絵柄の再現もカンペキだし「のん」さんが演じる主人公のすずさんもめちゃんこ可愛くて芯が通ってて……アハァァァァーーーーーーッ! とぅんッ!!!

わかるッ!? 映画観た人なら理解(ワカ)るッ!? 今おじさんがエビ反りで「とぅんッ!!」ってなった感じ! いちばん小さい「1の扉」だけかろうじて開いて、その上に待ち構えてるでっかいでっかい扉がビクともしてないもどかしさ! 片渕須直監督はとんでもないブツを創りよったで!!

そもそもの話、「ネタバレなしのオススメ」がめちゃムズよね。おじさんが山崎賢人くんやったら映画鑑賞後のロビーで、一筋の涙を流した自撮りをアップするだけで「観に行こっ」って思わすこともできるかもしれんけど、あいにく中年の豚やからね。しこしこと文章で魅力を伝えるしかないわけや。でも、書けば書くほど作品の魅力が目減りしていくような罪悪感がおじさんを襲うんよ。困ったねえ。

ただ『この世界の片隅に』の場合、ネタバレの怖さより、未見の人に色眼鏡をかけさせてしまいそうな怖さがある。散歩してるときは目に入ってきたものが、どっかへの「移動」になると全く見えなくなることってあるやん? この映画、なんだか散歩に似たようなものを感じるんや。おじさんが『この世界の片隅に』についてヘタなこと言って、未見の人が「確認作業」みたいな感じで観るようになってしまったらマジのマジに最悪やない? それともこういうこと言ってるだけでハードル上げてる? 色眼鏡かけさせちゃってる?? 外してーー!! 急いで外してーー!! 裸眼推奨!! いますぐスレッジハンマーで頭のいろんな箇所を殴打しておじさんの記憶がちょうど消えるツボを探してーーー!!

で。まあ、ネタバレうんぬんは一般論や。どんな映画やマンガや小説にも言える。もう観た人に聞いてみたいんやけど、『この世界の片隅に』、映画鑑賞済み同士でも、感想を言い合うのにめっちゃ抵抗ない? 抵抗っていうか、勇気いらない? 劇場内が薄ら明るくなって「ああ、いい映画や、こら傑作やでぇ……」とジンワリしてから、あれこれ「良かったとこ」を具体的な言葉にしてみると「あれ? こんなもんやったっけ……」ってなるんよ。これがおじさんにとっての「1の扉」や。頭をひねりにひねって、ちっちゃい扉しか開けられない。あまりにも豊穣な世界を受け止める容積がおじさんの中にない、圧倒的な無力感ッ! 散りばめられた細かい欠片みたいなもんを、ざっくりした言葉でまとめあげることに冒涜感すら感じてしまう。

いい映画には大体、ワクワクさせるとか、泣かせるとか、笑わせるとか、観客を導く感情の指針が用意してあるよね。その流れに乗れれば「V8!」とか「ガルパンはいいぞ!」とか、感動のうねりを共有できるわけや。でも『この世界の片隅に』が導く先の感情には名前がついてないんよ。だからか、観たあと胸に残った「感じ」を持てあましてみんな途方に暮れてる気がするわ。あ、「だから他の映画より優れてる」とか言いたいわけやないで。良さがわかりやすい映画にも名作はぎょうさんあるし、ただこの映画の場合はそうだったってだけや。結局は自分で観て判断してほしいね。

……なんやかんやでペラペラ喋ってしまったわ。それにしても、「生活」って本当にかけがえのないもんや。おじさんも日々をもっと丁寧に過ごしたいわ。そんで、ゆくゆくは映画になりたいね。クラウドファンディングするから出資してくれへん? タイトルは『ブタがいた教室』。









ロースおじさん公式グッズSUZURIで販売中!









とんかつQ&A「白虎野の娘」

Q.
 

ロースおじさんこんにちは。私はバンドを組んでいるのですがいまいち人気がありません。売れるためにはどんな戦略で攻めればいいでしょうか?教えて〜!!



お名前:S菌さん





A




平沢進っちゅうミュージシャン知ってる? 元P-MODELってバンドやってた人。だいぶ前にTwitterで「私は(『けいおん!』の)平沢唯じゃない」ってツイートして話題になってた人ね。あの人の姿勢は参考になるかもしれん。おじさんはアニメ『ベルセルク』の劇中歌からハマったにわかファンやけど、平沢進ほど独自の道を突き進み、なおかつ高い人気も集め続けているアーティストは他にいないと思うわ。ちょっとこの場を借りて語らせてもらうね。なぜならここはロースおじさんの自由帳だから。
 
 

 
 
これが平沢進がP-MODELからソロに転身して2発目の曲、『世界タービン』や。スゴくない? もう26年前の曲だけど、今なお色褪せないナニコレ感にガツンとやられるよね。平沢進の世界観の特徴は、とにかく「わからない」ことなんよ。歌詞には難解な科学用語・SF用語・哲学用語・外国語や造語が散りばめられており、一聴して歌詞を一読したくらいでは何がなんだかさっぱりわからん。でもそこに圧倒的な歌唱力(CD音源とライブ音源の違いがわからないレベル)と演奏力が加わって、「何が何だかわからないけど、とにかくヤッべっぞ!」と感動してしまうんや。
 
大半のJ-POP歌手が実体験に基づいた具体的なできごとを唄ってリスナーの共感を呼んでいるとすれば、平沢進は「世界」「宇宙」「時間」みたいな大スケールから共感をブッ飛ばしてリスナーを包み込むんよ。おじさんが特に好きな曲は「環太平洋偽装網」「DUSToidよ、歩行は快適か」「ハルディン・ホテル」「聖馬蹄形惑星の大詐欺師」「夢の島思念公園」「華の影」とかかな。
 
 

 
 
数年に一度行われている「インタラクティブ・ライブ・ショウ」では、音楽と物語を融合させたパフォーマンスを演っとる。ストーリーは難解で正直よくわからんのやけど、観客に「ヒラサワ〜!」と全力コールさせてから颯爽と登場したり、合間にCGアニメ映像が流れたり、観客の声援でライブの結末が変わるマルチエンディング方式だったりと、頭を空っぽにして楽しめるヒーローショー的な側面もあって楽しいで。
 
 
で、なによりスゴイのは「そんな芸風なのに食えてる」ってコト。我を守った結果、生活を守れなかったミュージシャンがどれだけいることか……。平沢は利権を大手レコード会社やJASRACに管理されることに疑問を持っていて(PVの中でレコード会社にミサイルを撃ち込むシーンがあるほど)、いろいろ揉めた挙句に楽曲の版権を引き上げたんよ。おじさんはレストラン経営しとるからわかるけど、独立ってめっちゃ大変やからね。会社作って、権利関係の業務も全部管理しなきゃいかんわけやし。でも彼は90年代後半にはもう公式ホームページを開設しMP3音源を配信するなどして、ネット時代に先駆け自分だけの販路を開拓することに成功したんよ。
 
 
つまり、平沢進は常にマイナーを行く孤高の男であるとともに、商業音楽の市場へ「平沢進」という商材を輸出できる優れたビジネスマンでもあるんや。難解に見えてポップで、やたら偏屈なのにユーモラスで、観客を突き放すような厳しい態度の中に度外れのサービス精神が垣間見える。矛盾だらけで謎めいているからこそ、ファンは「これをわかりたい」と欲望して彼の虜になるんやろね。
 
 
長々語ったけど、質問者さんも自分がやりたいことを見据えたうえで地道に続けていけば、結果はあとからついてくるんやないかな? いますぐ売れる戦略を探すより「いかに替えの利かない存在になれるか」を考えて実行するしかないと思う。不法侵入と同じで、急かず手抜かず、や!
 
 
 
ハーイヤー!
行け豚よ 柵さえも超え
秘密裏に小児の学び舎へ
奇跡の衣類に 饒舌なサイレンが鳴る
イーーンヤーーー! (※)
 
(※こんな歌はありません)






ロースおじさん公式グッズSUZURIで販売中!









とんかつQ&A「ロースおじさんのおすすめボードゲーム」

Q.
 

おじさんこんにちわ。友達複数人で集まって今度遊ぶんですけど、ワイワイ楽しめるボードゲームがあったら教えてください!おじさんはゲームにもお詳しいとお見受けしました!



お名前:深層水分さん





A




ボードゲーム、おもろいよね。アメトークで「ボードゲーム芸人」の回もあったし、本格的にブームが来とるのかもね。おじさんは正直そんなに詳しくないんやけど、気軽にできるゲームを4つほどオススメしとくね。どれも使うのはカードだけだから場所を取らないし、ルールを読みこんだりする必要もない初心者向けのものやで!


.哨鶻ま 〜ゾンビにかまれて〜
プレイ人数 3〜5人

 
ゾン噛まは日本産カードゲーム。とにかく盛り上がる。すぐ終わるし。何がすごいってこのゲーム、ゲームが始まると同時に終了する場合があるんよ。すごくない? 簡単にルール説明すると、まずはプレイヤーに絵柄が描いてあるカードを3枚ずつ配る。カードは横並びで立てて手の中に収めておく。紙の麻雀牌並べるみたいな感じや。そして、順番に山札からカードを引いては、1枚捨てていく。同じ絵柄を3枚そろえたら役ができてアガれる。ただし、アガるには立ててたカードを好きなタイミングで「パタン」と倒さんといけないんや。さりげなく。
 
そしてここからが重要なんやけど、誰かがカードを倒した(アガった)のを目にしたプレイヤーは、自分のカードも倒せるんよ。それを見たプレイヤーも倒していい。最後にカードを倒したプレイヤーがひとり負けや。
 
これ、やってみるとわかるんやけど、プレイ中の緊張感がハンパじゃないんよね。なにしろ誰かが役を揃えたら即座にオシマイ、しかも反応速度ビリがひとり負けやから、全プレイヤーの手元を常に見張りつつ役をそろえなあかん。慌てて倒して「間に合った〜」と思ったら全員がニヤニヤしながら自分を見てたときの疎外感と恥ずかしさときたら……。はぁんっ!!!!! 興奮するよねっ!!!
 
どんな人でも目をギラつかせながらプレイすることになるから、「ゲーム中は雑談をすること」みたいなルールを課すとよりギクシャクして面白くなるで。相槌を打ちながらさりげなくカードを倒す人を見てしまったときの「マジか…」という衝撃は主婦の万引きを目撃したときのそれに匹敵する。取り残され感というネガティブな感情を娯楽に変える、秀逸なカードゲームや。
 
 
 
犯人は踊る
プレイ人数 3〜8人

 
殺人事件の犯人を当てる推理ゲームや。イメージとしては、「ババ抜き」と「人狼」をミックスしたような感じやね。手札として配られるカードは「探偵」「第一発見者」「アリバイ」などで、カードごとに付与された特殊能力を使いながら「犯人」カードを持っているプレイヤーを見つけるのが目標。「犯人」カード持ちは逆に逃げ切るのが目標やで。
 
このゲームのキモは、プレイ中に手札がどんどん入れ替わっていくとこなんよ。たとえば「情報交換」カードを使うと、全プレイヤーが左隣にいるプレイヤーにカードを1枚渡さんといかん。さっきまで「犯人」カードを持っていたプレイヤーが左隣にカードを渡してしまうかもしれない。無実だったのに右隣から「犯人」を押し付けられてしまうかもしれない。カード交換は頻繁に繰り返されるから、組み立てた推理があっという間にグチャグチャになるのがスリリングでいいんよ。
 
手札は複数枚あるから、「探偵」と「犯人」を両方持っている、なんてことも起こるよね。そういうときは戦局を見て探偵サイドに回るか犯人サイドに回るかを選ぶこともできる。カードは少ないけど、意外な自由度の高さ、思考の幅の広さに驚かされるはずや。
 
こういう人狼タイプの「隠れた敵を探すゲーム」には欠点があって、顔に出るプレイヤーだと敵が一瞬でバレることなんやけど、『犯人は踊る』ではそこがかなり改良されとる。ブラフが苦手な人でも楽しめる犯人当てとしてオススメやね。
 
 

Dobble(ドブル)
プレイ人数 3〜10人

 
反射神経が試されるゲームや。今回紹介した中でこれが一番簡単で、しかも一番盛り上がるかもしれへん。ルールは超簡単。プレイヤーは1枚、まん丸なカードを手のひらの上に乗せる。カードに描いてあるのは、木、リンゴ、ハサミや時計などの8コの雑多なグッズや。このカードには変わった仕掛けがしてある。カードを適当に2枚選んだとき、描いてあるグッズが「必ず1種類だけ共通している」んよ。
 
ゲームが始まったら、自分の手のひらにあるカードと他人の手のひらにあるカードを見比べて「何が共通しているか」を探し、共通しているグッズを見つけたらそれの名前を叫びながら相手のカードに重ねる。たとえば自分のカードと相手のカードの両方に「メガネ」があれば、「メガネ!」と叫んで相手のカードに重ねる。こうなればアガりや。最後に全部のカードを押し付けられてしまった人が負けになる。いま重ねようとしてた相手に誰かが別のカードを重ねてくると、かなりパニックになるで。
 
これはプレイしてる様子を傍から見てても面白いかもしれん。なにしろ、いい年した大人が「くるまくるまくるまくるま!!!」「りんごりんごりんごりんごりんご!!!」「木ィ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!」と叫んでエキサイトする様子が見れるから。遊びながら「こんなに慌てる?」って自分で笑っちゃうくらい慌ててしまうのが楽しいんよね。人間を最短時間で慌てさせる発火装置と言っても過言じゃない。子どもさんとも遊べるし、むしろ子どもさんのほうが強かったりしてバランスも良いから是非遊んでみて!
 
 
 
ぅ▲薀咼奪・パニック
プレイ人数 3人〜158人


まずプレイヤーは「豚」と「小学4年生」に分かれる。豚は透明なアクリルボックスに全裸で入って体育座りをする。「小学4年生」は液体ノリを箱の中に絞ってそそぐ。そそがれた豚は「ありがとうございます!」と元気よく叫ぶ。基本はこれの繰り返しや。特殊ルールとして小学4年生は筆箱の中の私物(短くなった鉛筆を長くする補助具など)を放り込むこともできるから注意してね!
 
小学4年生が順番に液体ノリ、あるいは私物を投入していくと、やがて小学4年生のアラビックヤマトでカチコチに固まった「小4豚琥珀」が完成する。豚は小4の私物に包まれて安らかな死を遂げ、最後にノリをそそいだ小学4年生の子どもさんは、みごと豚琥珀を持ち帰る権利を獲得するってわけや。最高やね!
 
 
ってなわけで、質問者さんもぜひアクリルボックスと液体のりを買って盛り上がってねっ!! おじさんとの約束やで!






ロースおじさん公式グッズSUZURIで販売中!









とんかつQ&A「ストレンジャー・シングス」

Q.
 

動画配信サービスについて質問です。以前、仮面ライダーの質問の時におじさんはAmazonプライムを推していましたが、huluやNETFLIXはダメなんでしょうか? 最近とある事情で暇になり、どれに加入しようか迷っているので気になります。



お名前:オンドルセクさん





A




おじさん、実はNETFLIXにも加入してるんよ。NETFLIXは全世界で6500万人が加入している動画配信サービスで、「ハウス・オブ・カード 野望の階段」や「センス8」、「デアデビル」などオリジナル作品がぎょうさん配信されてるんが特徴や。
 
 
「ハウス・オブ・カード」は、「セブン」「ゴーン・ガール」のデビッド・フィンチャー、「センス8」は「マトリックス」シリーズのウォシャウスキー姉妹。ハリウッドで大作映画を手がけとった監督が、動画配信サービスのオリジナルコンテンツで活躍するのが最近のトレンドやね。これにはビッグネームを起用できるNetflixの巨額の資本力の他に、中国市場やスポンサーの顔色を伺わずに作品作りに没頭できるという制作環境も関係しとるらしいよ。おじさん、映画観るよりポップコーンにキャノーラ油かけて貪る方に夢中になっちゃうただの豚やからよく知らんけどね。
 
 
そんなおじさんが、NETFLIXで特にオススメしたい作品が、7/15から配信が始まった「ストレンジャー・シングス 未知の世界」や。NETFLIXはオリジナル作品が数多くあるんやけど、正直ありすぎてどれから見たらええのか分からんし、「こんだけたくさんエピソードがあるのにおもろなかったら嫌やな」という心のハードルに邪魔されて、なかなか見始めるきっかけを作りにくいねんけど、このストレンジャー・シングスだけはほんまに面白すぎるから見た方がええで。
 
 

 
 
ストーリーをざっくり言うと、「田舎町に住む仲良し4人組のうち1人が消息を絶ち、残された3人と突然現れた超能力を持つ少女イレブンが探しにいく。少年はどこに消えたのか? イレブンの正体は? そして郊外の研究所の秘密とは……?」という感じやねんけど、全体を包み込むスティーブン・キングのようなSFホラー感と、スピルバーグの映画のような冒険活劇の雰囲気、3つのパートにわかれて構成される脚本の妙が恐ろしいほどガッチリとハマってて、1話を見終える端から無呼吸連打で続きを見てしまうほどや。
 
 
マイク、ダスティン、ルーカスの少年ズッコケ3人組&超能力少女イレブン(恐らく小4。小4であって欲しい)が、失踪した少年ウィルを探すパートは「スタンド・バイ・ミー」「グーニーズ」を彷彿とさせる「ジュブナイル」もの、ウィルの兄ジョナサンとマイクの姉ナンシーがカメラでとらえた”怪異”の存在に気づくパートは「ホラー」、そしてウィルの母ジョイスと警察署長ホッパーが大人の視点からじっくりと真相に近づいていく緊迫の「サスペンス」パートと、この3つの視点の物語がパズルのように展開していく流れが最高に面白いんよ。製作総指揮は「ダファー兄弟」という全然知らん人やったんやけど、この作品でいっきにキャプテン翼の立花兄弟クラスに評価されるんちゃうかな。
 
 
ストーリーは中盤ぐらいでおおまかな真相が分かるんやけど、各パートの登場人物がほとんど交わらずに独自に調査を進めていくから、見てるこっちは「早く全員つながってくれ〜!」という気持ちになるんよね。そしてようやく全ての人物の情報が集まり、真相に突っ走っていく7話〜8話(最終話)はホンマに気持ちいい流れやった。シーズン5まである「ブレイキング・バッド」では、何故かハエを追い回すだけで1話かさ増しする豪胆エピソードがあって、視聴者の頭にもれなく「?」が浮いたんやけど、1シーズンで綺麗な結末を見せる「ストレンジャー・シングス」にはそういう無駄なシーンも一切あれへん。ホッパー署長が何故ウィルの捜索にここまで親身になるのか? という理由も泣けるし、ウィルの母ジョイスが狂人と思われてもいいから絶対にウィルを見つけ出したいという姿にもホロリ。登場人物全員に見せ場が用意されている素晴らしい構成やね。
 
 
あとおじさんが最も伝えたいところは、「徹底した80年代の世界観」っていうところやね。前述のスタンド・バイ・ミー感、グーニーズ感はこれに寄与するところが大きいんやけど、テレビの型も古いし、携帯電話もまだ無い時代やから連絡はトランシーバー、狭い田舎町やからみんな顔見知り、さらに登場人物の服装や髪型もみんなもれなくめっちゃダサいねん。でもこのダサさが、ノスタルジーを喚起させてめちゃめちゃ愛着わいてくるねんなあ……。
 
 
ともかく、80年代+スティーブン・キング+スピルバーグが合わさったようなむっちゃ新鮮なドラマやったから、みんなもぜひチェックしてみてね。オープニングもめちゃめちゃかっこええから、これだけでも見て欲しいね。
 
 

 
 
それじゃおじさん、乳牛と間違われてUFOにキャトル・ミューティレーションされとる途中やったから、この辺でね。あ、なるほど。鋭利な刃物でえぐられたかのように見えながら、血液が一滴も残ってなかったのって、こういう理由やったんや。なるほど。なるほどなるほど。






ロースおじさん公式グッズSUZURIで販売中!









とんかつQ&A「生理的に」

Q.
 

24歳のOLです。職場の男性(40代)が私に気があるっぽいんですけど、顔とかしぐさが生理的に無理な感じなのでやんわり拒否する方法を教えてください。



お名前:ファティマーさん





A




「生理的に無理」って言葉、この数年で一気に定着したね。「理屈じゃない、体が拒んどるんや!」って弾き返せる問答無用の無敵感が流行の秘訣なんやろか? どうでもいいけど。
 
 
 まあ、誰でも理屈抜きで苦手なものってあるよね。おじさんは最近あれが苦手なんよ。チアシード。健康食品としてミランダ・カーとかが愛飲しとるらしいけど、あのカエルの卵みたいなフォルムの粒をオシャレ女子たちがなんの躊躇もなくパクパクズルズルいっとる光景が悪夢的でゾワゾワくるんよね。
 
 
 でも、見てしまうんよ。ふらりと立ち寄った成城石井にチアシードドリンクが並んでると、ついじっと眺めてしまう。なんなら買うよね。カバンに常備しては定期的に眺めてゾワゾワ来るのを繰り返しとる。気色悪いものって気になるし、ついじっと眺めてしまう魔力があるんよ。おじさんのブログを読む動機と同じや。
 
 
 そんな「気持ち悪い・生理的に無理」なものを突き詰めているのが、イギリスの映像作家cyriak(スィリアック)の映像作品や。あ、本当にそういうのがマジ苦手な人は見たらアカンで!
 

 

 
 よくまとめサイトなんかでも取り上げられとるから、知っとる人は多いかもしれんね。たぶん初めて上の動画を見た人は「キモい」って思ったはずや。でも同時に、脳の裏側を掻かれてるような奇妙な快感もあったんやないかな。
 
 
 人が「キモい、怖い」と思うものには特徴があって、ザックリいえば「領域を侵してくるもの」や。血や内臓は、人間社会が排除して隠しているものだから不快。深夜にかかってくる無言電話はプライベートな空間に侵入してくるからキモくて怖いんよ。
 
 
 cyriakの動画は、ありとあらゆる手段を使って領域を侵犯してるから気持ち悪く感じる。ヒトの頭には世界観の保管庫みたいなものがあって、「牛」はこういう形で、こういう動きをして……というデータが登録されとる。だから、動物の牛が完全に規則的な動きをしたり変形したり分裂したりするのを見ると、モノの可動領域が侵されて混乱し、不快感を催すんや。
 

 

 
 何気ない大通りを無秩序に行き交う人々と車に規則性が生まれ、徐々にその規則性が世界を侵していく。中盤からは主従のバランスが崩れ、フラクタル的な幾何学構造に世界が書き換えられてしまう。ここまでくると、キモいを通り越して恍惚とするわ。マゾヒスティックな快感やで。
 
 


 
 こっちの動画は前2つの動画の混合パターン、集大成と言えるかもしれんね。表現がかなり強烈やから要注意や。生物は無機物に、あるいは別の生き物のパーツになり、無機物は生物のようにうごめく。過剰な繰り返しの中で世界がバグって、あらゆる領域が曖昧になり、全てがコラージュのように再構成されていくんや。ただのカオスやなくて、別の規則性が侵入しているせいか不快感も心地いい。おじさん、生理的嫌悪感も込みでcyriakの動画が本当に好きなんよ。
 
 

 あれ? なんの話やったっけ。あ、同僚の好意をやんわり拒絶する方法か。その人にだけ屁で返事する。
 
 













とんかつQ&A「最初に見て欲しい仮面ライダー」

Q.
 

おじさんこんにちわ。とんかつQ&Aの過去記事を読んでいたのですが、おじさんって仮面ライダーにお詳しいのですね。僕も一度ぐらいどれか見てみたいと思っているのですが、作品がありすぎて何を見たらいいのかわかりません。初心者にオススメの仮面ライダーを教えてください。



お名前:最北太さん





A




よりによって、おじさんが一番疎いジャンルのご質問がきちゃったね。確かに昔、仮面ライダー鎧武についてあることないこと語ったりもしたんやけど、基本的におじさん、仮面ライダーについては全く詳しくないんよ。だからここから先は話半分で聞いて欲しいんやけど……


ひとつだけ言えるのは、君は“最高のタイミング”で仮面ライダーを見始めることが出来るってこと。仮面ライダーを見始めるなら今しかないんよ。5〜6年前までは「誰かに仮面ライダーをオススメしたい。一緒に仮面ライダーダブルの変身ポーズをキメたい」という願望が牡蠣のアヒージョみたくグツグツ煮立っていたとしても、それを環境が許してくれなかったんよ。
 
 
なぜって、これまでは仮面ライダー初心者が実際にライダーを見ようと思ったら、日曜の朝にやってる本放送を毎週見るか、DVDをレンタルして見るかのどっちかしかなかったからなんよね。あなたが毎週日曜の朝8時に起きて、今やってる仮面ライダーゴーストを観てくれるというならそれは大いにありがたいんやけど、たぶん見ないやろ? 「え〜だって途中から見ても何やってるか分からないし〜」って言って見ないタイプやろ? 途中からでも見るような人は、おじさんがオススメしなくても勝手に見るやろ?
 
 
だからと言って、放送が終了したシリーズのDVDをTSUTAYAに借りに行くというのも、また難しいものがあるんよね。まだハマるかどうかもわからん作品のDVDを12巻も人に借りさせる行為って、なかなかハードルが高いと思わん? 約50話分よ? 旧作100円としても1200円やで?
 
 
おじさんも熱狂的なファンの人に、「絶対ハマるから『きらりん☆レボリューション』全巻借りてこい! 今すぐ!」って強めに言われたとしても、正直渋ると思うもん。そんな金あったら、ココイチの一番高いやつに手が届くな〜。ロイホでハンバーグ食えるな〜。って思ったら、実行に移すのはなかなか腰が重いよね。
 
 
あと、仮面ライダー借りてることを店員に知られるのが恥ずかしいって人も結構おるんやない? おじさんが仮面ライダー借りる時はあべみかこと松岡ちなでサンドイッチしてカムフラージュしてるから全然恥ずかしくないんやけど、いい年こいて仮面ライダー借りることをちょっと恥ずかしいと思う人がいるってことも十分わかるんよ。
 
 
こんな風に仮面ライダーの入り口には数々のハードルが立ちはだかっていて、おじさんはもう誰にも仮面ライダーをオススメすることなく終わっていくんかなー、もういっそレンタルDVDのディスクを傷つけまくる紫のバケモノとして生計を立てるのも悪くないかもなぁ、ごめんなちい……と半ば諦めてたんやけど、ちょっと前にそのハードルをベッコベコに、それこそ「GANTZ」のZガンで地面に埋まるまでベッコベコにしてくれる奴が現れたんよ。
 
 

「動画配信サービス」って言うんやけど。
 

 
なにあれ? ちょっとすごない? 月額いくらか払えば家にいながら映像見放題って、抜群にすごない? しかもあれ、仮面ライダーめちゃくちゃ入っとる。各社で細かい違いはあるけど、初代仮面ライダーから仮面ライダーフォーゼまでのテレビシリーズはHulu、Amazonプライムビデオ、dビデオ、東映特撮ファンクラブで見放題や。ただそうなると、今度は「じゃあどの配信サービス選んでもいいのか」ってことになるけど、ここでおじさんが推したいのがAmazonプライムビデオや。
 
 
なぜならさっき言ったテレビシリーズに加えて、Zo、J、真、First、Next、DRAGON KNIGHT、その他多くの劇場版もラインナップに存在し、ついでに他のAmazonでの買い物も一日で届くようになって、月額換算325円やで? これはもう仮面ライダーに関して言えば、他のサービスの上位互換といっても過言ではない「一強」ぶりや。
 
 
さらにまだある。
 
 
極めつけは、Amazonプライムビデオ・オリジナルライダー作品「仮面ライダーアマゾンズ」が配信されてるってこと。ちょっと前置きが長くなってもうたけど、最北太さんのご質問「仮面ライダー作品のオススメを教えてください」への答えはこれなんや。
 
 
ズバリ、「仮面ライダーアマゾンズ」や。
 
 
この作品は、1974年に放送された仮面ライダー第4作目「仮面ライダーアマゾン」を、Amazonの資本力で現代に蘇らせたものなんやけど、Amazonがスポンサーだからアマゾンズっていう言葉のあやからスタートした企画なんよ。黒幕っぽい組織の名前は「野座間(amazonの逆読み)」やし、主題歌は「Armour Zone」(イントロがめちゃくちゃカッコいい)で、「この企画会議、深夜の時間帯に盛り上がったんかな」と疑ってしまうくらい清々しいまでにダジャレまみれなんやけど、これがハンッパなくおもしろいんよ。
 
 
初代アマゾンに似たワイルドなマスクやけど、スタイリッシュな戦い方のアマゾンアルファ、ヒロイックで今風な見た目に反し、切断技が大好きなアマゾンオメガのダブルライダーがカッコいいってのは言うまでもないことやし、予算や時間帯やおもちゃの販促という呪縛から解放され、のびのびやってるストーリーやアクションにも目が離せないんよ。
 
 
中でもおじさんが個人的にアマゾンズいいなーと感じるところは、「ロケ地」や。
 
  
これは埼玉に馴染みがある人限定の話なんやけど、普段テレビシリーズの仮面ライダーを見てると、どうしてもチラつくんよね。「埼玉」が。架空の話である仮面ライダーに知ってる場所が出てきすぎて、落ち着かない自分がいることに気付くんよ。
 
 
「アギトのスペシャルで京本政樹が危険運転してた橋、戸田の公園じゃん」

「いやこれ異世界じゃなくて、春日部の地下だろ」

「あ、埼玉スタジアムが映ってる。あとでカインズホーム行こ」
 
 
などなど、仮面ライダー世界にチラチラと顔を出す「埼玉」の影。スケジュールや予算の都合から、東京近郊っていうか埼玉での撮影が多くなるって事情はよくわかるんやけど、埼玉民からするとどうにも気になってまうんよね。その点「アマゾンズ」は知ってる場所、テレビでよく出る場所が徹底的に出てこないし、普段はほとんどやらない屋内戦闘もバンバンやってくれて、新鮮な気持ちでちゃんとドラマにのめり込むことが出来るんよ。
 
 
何よりの特徴は1シーズンが13話でサクッと終わること。これなら忙しい人でも「ちょっと見てみようかな」ってなるボリュームよね。来年春にはシーズン2の放送も決定しとるから、追いつくなら今がベストや!
 
 
というわけで質問者さんにはまずAmazonプライム会員になってもろて、ぜひ「仮面ライダーアマゾンズ」を見てほしいね。それが面白かったら、続けてダブルか龍騎かアギトを見よう。見終わる頃には、きっと平成仮面ライダーの魅力が分かってもらえるはずや。


拙いおじさんの知識でお役に立てかどうか不安やけど、ぜひ仮面ライダーを応援してね! ちなみにおじさんの好きな怪人は、「仮面ライダーキバ」に出てくるフロッグファンガイアや。理由は真名の「進化論の間紙に黄金比は埋葬される」っていうのがかっこええからやで。
 













とんかつQ&A「少数派」

Q.
 

最近観た映画がかなりイマイチでした。Twitterのタイムラインが絶賛コメントでうめつくされててハードル上がりまくりだったんでがっかりです。正直に「説教臭くてつまんなかった」と書きたいけど人気に逆らうヒネクレものみたいに思われそうだし、見ず知らずの信者に晒しあげられそうでモヤモヤします!!! 僕の感覚がおかしいんですか!? 助けてロースおじさん!!



お名前:地黒パンダさん





A




あーい。ロースおじさんやで。


言っちゃ悪いけど「人気に逆らうヒネクレものみたいに思われそう」ってキミ実際そうやない? 映画化されると原作小説買えなくなるタイプじゃない? 知らんけど。もちろん「つまらなかった」って判断自体はストレートな感情なんやろうけど、そのあと「ヒネクレものだと思われそう」とか「信者に晒されそう」とか先回りして考えちゃってる思考回路が、まさにヒネクレもののメンタルよ。ま、ヒネクレた性格は人生のアクセントやし、おじさんの精巣捻転に比べたらケツのイボみたいなもんやで。
 
 
問題は地黒パンダさんが、何のせいでモヤモヤしてるかよね。この原因を見誤ると、あさっての方向にヘイトをばらまいてモノホンの恨みを一括購入してしまうからね。おじさん思うんやけど、モヤモヤの原因は映画の内容でも祭り上げてる信者さんでもなくて、状況を作ってる構造そのものやない? つまりね、評価が9:1くらいで対立するときに必ず誰かが抱えるモヤモヤなんよ、これ。ジョーカー引いてもうたんよ。後ろにボンビー張り付いとるんよ。
 
 
好きなものについて語るのが楽しいのは、ヒトの感じ方や考え方がそれぞれ違うのに、なぜか誰かと感情を分かちあえるすごい偶然のおかげや。おじさんがグーペの宣伝もせず小4情報を発信し続けてるのも、地球のどこかの同類が共鳴してくれるのを思ってなとこあるし。だから好みの一致って基本的に「奇跡」なんよ。ただ、その規模が大きくなりすぎるとそれが当たり前になってくるんよね。同類だけで構成された共同体、通称「キセキの世代」が誕生するんや。差別や偏見に繋がるのならまだマイノリティ側は倫理的に反論できるけど、このキセキの世代は基本的に「イイね!」を共有してるだけやから責めることもできず、外野にはモヤモヤが残るってわけ。
 
 
この構図ができあがってしまうのは、ヒトという生き物の習性やからどうしようもないのかもしれん。でも、モヤモヤの仕組みがある程度分かってれば無闇にイラつくことは減るし、冷静になれるんやないかな? これを意識せずに批判すると、文句の矛先が作品を楽しむコミュニティそのものに及んで、いらぬ反発を招きがちや。作品に向き合った批判なら受け入れられると思うで。
 
 
そうそう、そんなマジョリティとマイノリティの対立の構造を、いま公開中の映画『ズートピア』はエグいくらい正確に描いてくれてるで! うさぎの警察官「ジュディ」とキツネの詐欺師「ニック」が事件捜査に挑むんやけど、脚本もテーマも映像も高水準でオススメ! ライムスター宇多丸も「あまりにも欠点がない」って言ってた! 最高ッ! 冒頭に出てくる小4(推定)のジュディちゃん最高ッ!! 観ないと損ッッ!!












とんかつQ&A「物を失くした時」

Q.
 

お気に入りのイヤホンを旅行先で失くしてしまいました。6000円くらいしたのに……。今は1500円くらいのイヤホンで我慢してますが悔しいです。ロースおじさん、慰めてください。



お名前:haltaさん





A




わかるよ。気に入ってたモノを失くすのって、地味ながら心のダメージすごいよね。おじさんも小学4年生の子供さんが落とした消しゴムのカスをかき集めて練り練りし、そこに自分の汗とチャツネを揉み込んで研磨した5センチ大のボールを「宝玉(ほうぎょく)」と名づけて愛でていたんやけど、つい先日に失くしてしまったんよ。その日はおじさん、歯ぎしりでギロみたいな音が出た。ただこれだけは言っておきたいんやけど、haltaさんがイヤホンを失くして悲しいのはわかるとしても、そのあとの対処が決定的に「よくない」ね。


何がよくないって、6000円のイヤホン失くした代わりに1500円のイヤホン買ったことよ。たぶん「6000円も損したんだし、もうこれ以上よけいな出費をおさえたい」って心理が働いたんやろうけど、それ、運命に敗北宣言してるのと同じだからね。例えるならば、優勝旗ほどもある白旗を天に掲げるが如き所業や。そんなネガティブな動機で買ったイヤホンは、使うたびに「前のほうがよかった」って気持ちを膨らます材料にしかならないよ。結局、あなたは失ってしまった6000円のイヤホンにまだ執着してしまっているんよ。脳には「所持効果」という現象があって、自分の持ち物を本来の価値以上に評価する傾向があるって知ってる? なんでも鑑定団で借金のカタに渡されたツボに1000万円の予想額をつけるおじいちゃんとか、所持効果がフルスロットルで稼働しとるからね。


人間がどんなときに「損した〜!!!」と感じるかといえば、損失が生んだロスを埋め合わせてるときや。改札の目の前でパスケースを忘れたことに気づいて取りに戻るとき、の頭の中で大嵐が吹き荒れとるやろ? 脳は無益な行いにとっても敏感なんや。こういうときは、パスケースを取りに戻るついでにあえてミニストップに寄り、コーヒー片手に練乳いちごパフェでも食べたらええ。結果的により多くの時間を使うことになるけど、わざわざUターンした行動に"パフェ"という意義が加算されて、後悔の念がかなり軽減されるんよ。だからhaltaさんは思い切って3万円のイヤホンを買うべきやった。そうやって、「イヤホンの紛失」というネガティブな出来事を、「上位機種への買い替え」というポジティブな出来事へと無意識にスライドさせた方がよかった。人生ってもんは、自分の脳との騙し合い化かし合いやで!


あ、そうそう。失くしたと思ってた「宝玉(ほうぎょく)」やけど、後日ちゃんと見つかったよ。どうやらおじさん、酔って宝玉を舌先で「レロレロレロレロレロレロ」って偽花京院みたいに舐めまわしてて、なにかの拍子に誤飲してたらしいんよ。後日、激烈な腹痛に襲われて嘔吐したら無傷の宝玉がコロンと出てきて驚いたよね。千と千尋の神隠しのハク竜みたいやと思わん? 思わんの? あ、そう。












とんかつQ&A「SCP財団」

Q.
 

ロースおじさんは休日は何をして過ごしていますか?



お名前:ござるさん





A




おじさん、最近は「SCP Foundation(SCP財団)」っちゅうサイトを一日中読みこんどるね。これは海外発祥のみんなが考えた怖い話や不思議な話を投稿・閲覧できるデータベースみたいなものなんやけど、その形式が尋常じゃなく凝ってて面白いんよ。
 
SCPは「Special Containment Procedures(特別収容プロトコル)」の略で、世界にひそむ”人智を超えた得体の知れないモノ・存在・現象”を指すんや。SCPのほとんどは出処からして謎で、いつ何を引き起こすかわからん。そんなSCPの脅威から人類を守るため、それらを確保し、収容し、保護するために結成された秘密組織が「SCP財団」なんよ。SCP財団のページでは、財団のデータベースに登録された数千もの膨大なSCP報告書を読むことができるんや。この説明を読んで心の中学二年生がトワイライトゾーンのテーマを口ずさみ始めたらSCPを楽しむ資格アリアリやで!
 
 
SCP財団
http://ja.scp-wiki.net/scp-series
 
 
といっても、いざワクワクして読み始めたら面喰らうかもしれん。これはSCP目録を読むうえで最初にぶち当たる壁なんやけど、とにかく読者に要求するリテラシーがめっちゃ高いんよ。SCPの方針として「客観的な記述を徹底する」というのがあるから、パッと見は怪談らしからぬ無味乾燥な文章の羅列に見えるし、独自の専門用語がバンバン出てくるし、読み込まないと概要を掴むのさえ難しいんや。でもおじさん、これこそSCPの最大の魅力でもあると思っとる。それどころか、ホラー表現の世界に起きた「革命」とすら言えるんやないかな?
 
 
話はちょっとズレるんやけど、現代はホラーやミステリーというジャンルを成立させるのが難しい時代なんよね。恐怖の核にあるのって「未知」の感情やと思うんやけど、今は未知なものが少ないんよね。重力波の謎が解き明かされつつある時代に、「恐怖!廃校舎の幽霊!」でどんだけマジになれるん?っちゅう話や。SCPはその逆転の発想で、「研究施設の報告書」という不条理の対極にあるフォーマットを導入し、「未知」の恐怖をリアルに引き立てることに成功しているんよ。SCPにある話はあからさまな派手さがないぶん、その意味がわかった時のカタルシスが格別なんよね。でもまあ、とっつきにくいのは事実やから、気になったページをザッと流し読みして、解説ページを検索してみるのをオススメするで。ニコニコ動画にSCP解説動画も多数あるから、そこから入ってみるのもええかもね。
 
 
 
最後に、どれから読めばいいかわからない人のために、おじさんが面白いと思ったSCPをいくつかピックアップしておくね。
 
 
 
▼SCP-1000 ビッグフット
http://ja.scp-wiki.net/scp-1000
 
UMAとして有名な、あのビッグフットや。その正体が実は……という意外な真相がおもしろ怖いSCPやね。読むとわかるけど、書類内でも閲覧規制がかかっていて、財団職員の「セキュリティクリアランスレベル」が高くないと読めない情報が結構あるんよね。もちろん演出やけど。これをうまく利用したどんでん返しのあるSCPは鳥肌モノやで!
 
 
▼SCP-198 コーヒーを一杯
http://ja.scp-wiki.net/scp-198
 
SCPには悪意の塊みたいなものが数多くあるんやけど、これはずば抜けとるね。簡単に説明すると、SCP?198は飲料水を入れる容器で、マグカップとか湯のみとかピッチャーとか、いろんな形態に変わることができる物体なんや。何が怖いかっていうと、誰かがその容器を手に取ると、手と容器が完全にくっついて離れなくなってしまうんよ。さらに、容器は人の体液や排泄物などの汚い液体で満たされて、なぜか容器を持った人はそれを飲む以外の栄養摂取が一切できなくなってしまうんや。衰弱死するか、汚物を飲んで生きながらえるか? 一度掴んでしまったら終わりの最悪SCPやけど、おじさんは「小学四年生が体育の授業(ポートボール)でかいた汗」がコップになみなみ注がれる一縷の可能性にかけて手に取る所存やで。
 
 
▼SCP-055 正体不明
http://ja.scp-wiki.net/scp-055
 
「SCPについての情報そのものを歪めるSCP」の代表格やね。このSCP-055は誰でも見ることが出来るし、形も複雑ではないらしいんやけど、なぜかその情報を記憶することが誰にもできないんよ。おじさん、こういう「認識」にまつわるSCPが個人的にゾクゾク来て好きやね。
 
 

▼●●|●●●●●|●●|●
http://ja.scp-wiki.net/scp-2521
 
とにかくまず読んで! 一見堅苦しいSCPがいかに「なんでもあり」なのかがよく分かると思わん? 初めて読んだ時は発想の奇抜さとクオリティの高さに興奮して片手に持ってたビアードパパのシュークリームを握りつぶしてしまったよね。
 
 
 
ところで、実はおじさんもSCPなんよ。と言っても「Syou4 Collecter Pig」として収容されてるんやけどね。オブジェクトクラスは「Kakuni」、収容方法は「かっぽう着入り巾着袋と一緒に40層の鉛でできたコンテナに収容」やで。まあ、こんな壁ごとき、おじさんの背中から分泌される皮脂をもってすれば簡単に溶かせるんやけどね。……ん? 遠くから……「気球に乗ってどこまでも」を歌う小4の声が聞こえる……確かに聞こえる……
 

 
行ってきま〜す!!













とんかつQ&A「風来のシレン2」

Q.
 

ロースおじさん、「風来のシレン2」の最終ダンジョン「最果てへの道」がどうしてもクリアーできません。攻略の足がかりとなるようなお言葉をぜひお願いします。



お名前:手封じの壺さん





A




いや君、いつのゲームをやっとるの!? 「風来のシレン2 鬼襲来!シレン城!」といえば、ニンテンドー64用に、2000年9月27日に発売された傑作ローグライクゲームやん! 16年前のゲームを未だにプレイしとる豪の者がいるとは……。でもかく言うおじさんもこのゲームが大好きで、いまだに週一くらいでやっとるんよ。次世代機や次々世代機が蔓延する2016年、おじさんの家では未だにニンテンドー64が現役バリバリで稼働中やわ。
 
 
知らん人のために解説しとくと、「風来のシレン」は主人公が迷路のようなダンジョンを冒険する不思議のダンジョンシリーズの一つでね。プレイするたびにダンジョンが変化するため、毎回違う冒険を楽しめるという、中毒性が高いシリーズなんよ。中でもこの「2」は、その後のシレンシリーズを決定づけたと言ってもいい名作や。
 
 
そんな「風来のシレン2」をクリアした後に遊べるようになるのが、「最果てへの道」という、99階まで続く地獄のようなダンジョン。
 
 
このダンジョンのどの辺が地獄かと言うと……
 
 
●装備なしの状態からスタート
ダンジョン内に落ちているアイテムはランダムなので、ゴミ武器、カス盾しか拾えなければ難易度がハネ上がる。

●道中で拾えるアイテムは、ほぼすべて未識別
簡単に言うと、使ってみるまでどんなアイテムかわからない。

●敵が強い
画面外から一方的に炎でダメージを与えてくるモンスターや、1ターンで4回攻撃してくるモンスターがわんさかいる。
 
 
うん、ほんま地獄やね。ただどうしてかこれが……めっちゃくちゃおもろいんよ!!! 少しずつレベルを上げて、拾った武器を鍛え上げ、もうダメだという状況を知恵と勇気でなんとか切り抜け、そうやって一歩ずつ潜ってきた終盤、たった一手のミスですべてが泡と消え去り、死亡画面を呆然と20分見続ける……そうやってシレンファンは叩き上げられていくんよ。だからこそ、99階の階段に足をかけた時の達成感は他には変えられんもんがあるんよね。


そんな地獄を切り抜けてきたからか、シレン好きはシレンの話題を感知すると、あまり喋ったことのない仲でも話に参加してくる習性を持っとるのも特徴やね。「剣に火の印(属性)入れるなんてあり得ない」「いや、サブ剣に入れたら矢の代わりとして使える」なんて感じで、クラスで話題にしたら2人くらいは親友ができることを保証するで。それくらい「風来のシレン」はコミュニケーションツールとしてすっごく優秀なんよ。
 
 

さて、ご質問は「最果てへの道」の攻略やったね。安心しい! 今日はシレン仲間の君のために、おじさんが数千時間をかけて培ってきた方法を伝授したろ!
 
 
 
それは、

「9階を制する者は“最果て”を制す」

やね。突然何だと思うかもしれんけど、このゲームは9階での行動によって、残り90階をクリアできるかどうかが決まってくると言っても過言ではないんよ。9階でやるべきことは次の3つや。
 
 
 
【最果ての道・9階でやっておくべきこと】
・“にぎりへんげ”におにぎりを山ほど握ってもらう。
・“マゼルン”で剣と盾を鍛える
・黄金の間に行く

 

ひとつずつ解説していこか。まずは、「“にぎりへんげ”におにぎりを山ほど握ってもらう」。
 

“にぎりへんげ”っていうのは、こちらが持ってるアイテムをおにぎりに変えてしまうおっそろしいモンスターなんやけど、うまく使えば「不要なアイテムをおにぎりに変えさせて食糧不足を解消できる」んよね。餓死はわりとよくある死亡理由やから、9階の時点で99階までのおにぎりをストックしとくわけやね。
 

次は、「“マゼルン”で剣と盾を鍛える」やね。マゼルンもモンスターの一種で、剣や盾などを投げつけると体内で合成し、装備を強くしたり印(属性)を付加したりできる特性を持っとるんよ。強くするのは“合成の壺”などのアイテムでもできるから、ここでは印を入れることを優先したいね。ちなみに絶対に入れておきたい印は次の3つ。
 
 
剣|回=攻撃した時に体力が回復する
  三=三方向に攻撃できる
 
盾|山=敵の魔法を反射できる

 
 
他にも一定の確率で敵を眠らせる「眠」や、剣や盾が錆びて弱くならないように「金」などの印も入れておきたいところやけど、とりあえず上記三つだけは最低限入れておくんやで。
 
 
最後は「黄金の間に行く」。黄金の間っちゅうのは、6階〜10階にランダムで現れる「アイテムもりもりボーナスステージ」。ランダムやから9階で必ず行けるわけやないけど、黄金の間出現のためのアイテムを使ってみる価値はあるっちゅう意味や。
 
 
運良く出現したら、とにかく「ドラゴンキラー」っていう剣を手に入れること。最果てへの道で使える、もっとも実用的な剣と言えるやろね。あと黄金の間には「ほぞんの壷」がよく落ちてるから、“容量6”のものを集めておくんや。黄金の間は他にも24階〜29階、90階〜95階にも出現するけど、そっちは攻略にはそれほど重要じゃないから、9階で黄金の間出現アイテムを使うことを躊躇したら絶対アカンで。
 
 
この3つの行動を9階の時点でこなしておくことで、99階ある最果ての道攻略がグッと近づくはずやで。99階の階段の先にある、あの射精しそうな達成感……ぜひ自分でプレイして味わってみてや!