ロースおじさんの日記 - 28

▼2011年09月14日

さっきまで夢見心地で便器に頬をこすりつけていたのに、気がつくとおじさんは暗くて狭い空間の中に一人取り残されていたんよ。


確かおじさんはトイレ掃除の極意をミンチーに教えている途中だったはず……。確認すると、便器は確かにそこにある。この場所がトイレであることは間違いないんよ。でも手探りでドアノブを見つけて扉を開けようとしてみてもうんともすんとも言わないし、壁を叩いても何の返事もない。


「トイレごと、どこかの異空間に閉じ込められてしまったんやろか…」


洋式便器とトイレットペーパーしかない個室で、おじさんは一人膝を抱えた。これからこの場所で、一人で生活していかんとあかんのや…。緊張と不安で、おじさんの喉はカラカラに乾きだした。水……水が飲みたい…。そこでふと、便器の底に溜まっている水が目に入った。



ジュルリ…。



違うんよ。生きてくためなんよ。普通に水道があるなら、おじさんもそんな水は飲まないよ。でももしも脱水症状寸前の極限状態で近くに便器しかなかったら、みんなも便器の水を飲むやろ? だからおじさんも覚悟を決めて、恐る恐る便器の底に顔を近づけていったんよ。目をつむり、小刻みに震える口を何とか開くと、おじさんは意を決して―。


ピピッ


ミィンミィンミィンミィンミィンミィン


顔が便器の底に着水する前に、おじさんの顔に勢い良く水が飛んできた。ウォシュレットや。便器の上にうずくまる内に、手が自然とウォシュレットのボタンに当たってしまったんや。ありがたい。ありがたい。甘露甘露。ウォシュレットの水は飲用に適さない水を使ってる場合もあるから、みんなは真似せんといて欲しいけど、おじさんはへっちゃらでごくごく飲んだ。喉の乾きは潤した。



あとはそう、食料や―。




つづく。


コメント

生きるためだもんね。仕方ないよね。
被災地の豚さん達も食べられるものは何でも食べたらしいからね。
仲間ものことも・・・。

おじさんには仲間おらんけどもな。
つづくんかいw
これミンチに勘付かれて水止められたら終わるな

ついでに空気が入りそうな隙間を塞ぐと完璧
前泡すわで話してた漫画のような展開
食糞か・・・?
このメス豚が
おじさんは西岸良平好きやなあ
便器を舐めるのは喜んでやるのに便器とウォシュレットの水を飲むのは少し躊躇するのね
ここで皆に一つ思い出して欲しい、
ここは飲食店のHP制作会社の公式ブログだ
ここは飲食店のHP制作会社の公式ブログ

いまさらなんだけど
つい忘れそうになるね!!
飲食店HP向けとしては糞より豚肉のほうがまだマシなはず
つまり…
おじさんは犠牲になったのだ
なんで自分の店のトイレで遭難してんだよwww
おじさん生きてくれ・・・
自分の肉とか言うんでしょ?
そんなこと言ったら許さないよおじさん
なんとなく死なない蛸の話を思い出した
UFOはどうなったの?
終われ
何度でも復活を果たすおじさんは凄いよね。
人類滅亡の危機が訪れても、おじさんだけは生き延びるよね、きっと。
(´・ω・`)

人を疑ったり、他人のせいにする方が楽な世の中なのに、おじさんはいつだって前向きだよね!
尊敬します☆
つwづwくwなwwww
嫌な予感しかしないな
汚らわしいっ!
血抜きを忘れずにね。
いくら年老いた腐りかけの豚とは言え、しっかり血抜きして
熟成させるのとさせないのとでは大違いだから。
自分食うんじゃないだろうな。。。
おじさん、豚肉はちゃんと火を通さないとアカンよ
え、続いちゃうん?
フォールアウトの主人公じゃないんだから

コメントを投稿する