とんかつQ&A「男勝りの先輩をオトす」

Q.


ロースおじさんこんにちわ。会社員23歳の男です。こないだゲリラ豪雨があった時に女の先輩の傘に入れてもらって駅まで一緒に帰ったんですが、先輩のYシャツが濡れて透け透けになり、下着が見えてドキっとしてしまいました。

普段は厳しく指導されることもある怖い先輩ですが、それ以来彼女が「女性」なのだと意識してしまいまして、僕の中で異性として気になる存在になりました。先輩は僕のことを特に恋愛対象として見てないと思いますが、男勝りの女の先輩に僕を男として意識させることはできないでしょうか?



お名前:影法師さん

A


なるほど、男勝りの先輩社員を落としたいってことね。男勝りに働いてる女性っていうのは「男には負けたくない」だとか、「キャリアウーマンのあたしかっこいい」だとか、自分の理想とする自分像みたいのがハッキリある人が多いんよね。目的意識が高いというか。そういった女性全般に言えることは「可愛い後輩の飲みの誘いはまず断わらない」ということ。何故なら彼女達が理想としている自分像は、後輩に頼りにされて仕事や人生の悩みをズバリ解決してやるスーパーウーマンやからね。



なのでまずは先輩に犬コロのように頼って頼って「可愛い後輩ポジション」をゲットするのが肝心や。一生懸命仕事をして、受け答えでは歯切れのいい返事と敬語。世の先輩なんてもんは、「頑張ってる感」さえ見せておけば、大体可愛がってくれるものなんよ。



で、自分から積極的に飲みにも誘う。ランチでいつも行くような店でも、ニューオープンの店でも構わんよ。ホットペッパーに載ってる店でもええけど、最近あれ全然配ってなくない? もう配るのやめたん? ん? まぁホットペッパーの話はどうでもいいんやけど、とにかく「このお店、夜いってみたいんですけど、先輩一緒に行ってくれませんか?」とか言って、勇気を出して誘ってみよう。「えっなになに? 仕事の悩み? 人生相談? どしたどした〜!」って感じで、喜んで一緒に来てくれるよ。



で、二人で店に入ったら極力現在の仕事の話はしないこと。店の雰囲気や料理の話をしつつ、お酒を飲みながら「素の先輩」を引き出していこう。現在進行形の仕事の話をするとキャリアウーマンの先輩は仕事モードになっちゃって、素を見せてくれんからね。



お会計は「よし!今日は先輩らしくおごっちゃうぞ!」とか言われたら、「いやいやいや!また先輩と一緒に飲みたいんで!ここは一旦ワリカンで!」とか言って自分でも出すように。二回断っても先輩がおごろうとしてきたら、「わかりました!じゃあ次は僕におごらせてください!ご馳走様です!」と、頭を下げてきっぱり引き下がろう。せっかく先輩がおごってるのに、反応が「あ…すいません…」だけじゃあ、おごり甲斐の無い人間に見えちゃうからね。この2.5往復のやりとりは、ぜひ男の先輩との飲み会においても実践して欲しいね。



で、憧れの先輩と一度飲みに行ったからって、調子に乗って仕事中にあまり馴れ馴れしくしないように。そういう女性はオンオフがしっかりしてる人間を好むはずやから、いきなり友達面するのはNGや。でも食事にはガンガン誘っていっていいので、一度目の食事で先輩の食の嗜好を大体抑えておくといいかもね。あとは自分の人生相談の名を借りて「先輩ってそういうことなかったんスか?」、「先輩は誰かに頼りたくなったりしないんスか?」と、彼女の弱音を引き出す方向にトークを持っていこう。まぁそれを続けて3〜4回目ぐらいかなぁ、とうとう飛び出すんよ、あの言葉が。





「私、実はちょっと無理してるんだよね」





はい、ゲットーーー!! この言葉が出た時がモンスターボールの投げ時や。って言っても本当にモンスターボールを投げるんとちゃうで? おじさんが言ってるモンスターボールは、「先輩の手を強く引っ張り、自分が男だと意識させる」ということ。引っ張る理由は「次の店行きましょうよ!」でも、「先輩、車道の側歩いちゃ危ないスよ!」でも何でもいいけど、とにかくこの局面で後輩の皮に隠してきた「男」の顔を一気に見せる。ここが勝負や。その後は男らしく自分の気持ちを伝えたらええよ。



まぁ一つ言えることは、男勝りな先輩っちゅうのは仕事や人間関係、どこかしらで絶対無理をしてるもんなんよ。だからそこを狙ってガンガン手数を出していき、弱みを見せたら機を逃さずに捕獲玉を投げつければいいわけ。モンスターハンターでティガレックスを狩る時を思い出しながらトライしてみてね! モンスターハンター、トライ!(山菜爺の口に熟成キノコを押しこみながら)

















お名前*
メッセージ*