とんかつQ&A「分業」

Q.


パズドラへの課金を辞めたいです。初めは「1000円なら課金のうちに入らない。ゲームに1000円ぐらい払うのは文化へのお布施として正しい」とか思ってたんですが、気づけばゴッドフェスのたびにウン千円課金してしまい…。もうこれ以上通帳の残高を魔法石に変えたくありませんが、パズドラに費やした今までのコストを思うとアプリを消去するのもためらわれます。おじさん、どうか意志の弱い僕を救ってください。



お名前:仁角さん

A


高木壮太さんの名著「プロ無職入門」という本のまえがきに、こんなことが書かれてるんよ。「私たちはプロというものを何か超越的な力や技術を持った超人という風に捉えているが、本当はプロもアマも人間的なスペックに違いはなく、たまたま分業しているだけなのだ。私たちは日常忙しく、羽生名人やイチローのように能力を鍛える暇がない。だから私たちは彼等の代わりに、毎朝満員電車に乗って仕事に出かけていってあげているのだ」ってね。
 
 
この論でいくと、君が魔法石を買ってゴッドフェスでレアガチャを回すのも、人類の中の「課金係」として、誰かの代わりにやってあげてると思ったらええってことになるよね。君が課金しない人の代わりに魔法石を買ってくれるおかげで、ゲームという文化も成熟し、ガンホー社員の人もガッポガポのニッコニコになれる。そう思えばそれは決して無駄なことなんかじゃないんよ。むしろ人類を代表して課金してくれていることにありがたさすら感じるよ。後ろめたく感じる必要なんてないんやから、もっと自信持ってじゃっぶじゃぶ課金してこっ!
 
 
で、これは願わくばなんやけど、先週発売されたロースおじさんの本を買うっていう役割も、今結構ポスト空いてると思うで? 実在しない石を買う係にそろそろ飽きたなと思っとるんやったら、ちゃんと実在するおじさんの本を買う係に転職するっちゅうんはどう? ほんとはおじさん自らその役割を担いたいところやねんけど、ほら、ご存知の通りおじさん今、全国に住んでいる小学4年生の子供さんの住所をすべて座標情報に置き換えて、その上にx軸とy軸のあるグラフを書き、xとyにそれぞれどんな数を代入していけばもっとも効率よく子供さんの行動をカバーできるのか?という難問に取り組んどるから、ちょっと手が離せんのよね。数学的にもっとも美しい形で子供さんたち座標を貫く曲線が描ければ、おじさんはそれを「黄金曲線」と呼ぶつもりなんやけど、はてさてどうなる…? おじさんの生活もどうなる…? 興味の尽きんところやね。
 
 
 
 
 
 
【ほんとに書籍化! 全国書店でそこそこの評判で発売中!】
 
 
ロースおじさんのとんかつQ&A

「〜その悩み、豚に相談した?〜」







 
http://www.amazon.co.jp/dp/4758014043/
 
 
 
Amazonでも買えます!















お名前*
メッセージ*