ミンチーと次々答えるとんかつQ&A


ミンチー!?


グッズも出たので、そろそろ本気出す。





Q.1


エッセンシャルオイル(精油)をディフューザーで楽しむのが毎日の楽しみです。
お勧めの香りや精油のブランドがあったら教えてください。



お名前:豚肉ソーセージさん

A


おじさんのヘソの内側の油は、ゼラニウムと同じ匂いなんよ。嗅いでごらん。




すぐバレる嘘をつくな。








Q.2


日に日に寒くなり、朝起きるのがつらくなってきました。あったかい布団から出たくありません。どうしたらシャキーンと起きられるようになりますか?



お名前:ぴすけさん


A


冬場の温かい布団から起き上がる行為って、人間の欲望に反してるから辛いよね。おじさん、欲望には欲望のカウンターを与えるしかないって思っててね。つまりあなたを布団から引き剥がすほどの引力を持つものを、布団の外に用意しておくってこと。

炊飯器にマカロニグラタンを仕込んどくとか、テレビにおはようタイマー機能がついてる場合は、起きる時間に合わせて「弱虫ペダル」の第一期オープニング「リクライム」が流れるようにしてテンションぶち上げてもええね。坂道だって上る for REAL。ちなみにおじさんはここ最近、大切なコレクションである小学4年生の子どもさんのランドセルの中にC4爆弾とタイマーをセットして寝とるよ。寝坊するとおじさんの命とも言えるランドセルが粉々になるし、おじさん自身もチリと化すから、毎日冷や汗ビッショリかいて爽快に起きれるで!




毎夜リスクを負いすぎでは?








Q.3


人生史上おそらくいちばんのでっかい耳クソがとれまして、慌ててロースおじさんにメールしました。Twitterにアップしない方がいいですか?どうしたらいいでしょう?



お名前:油淋鶏さん


A


minneで売ってみては?




自社のサービスを荒らそうとするな。




耳クソを売れるようにすることが、minneの本気、エンジニアの本気




違うよ。








Q.4


あのう、隣の席の新入社員が片方の鼻が痛くて泣いています。なぜでしょうか?



お名前:毛根痩せ子さん


A


婢妖(ひよう)や! 新入社員の体内に巣食った婢妖を倒そうと、うしおが直接体内に入り込んで戦っとるんやで! あなたができることは、自分の気力を新入社員の目から注入すること。その前に全裸で清流に浸かって体を清めることも忘れたらあかんで!


「冷水にて、心気統一すること針のごとし。それに依りて、気念を放てば天魔を克服せざること無し!」


これで、新入社員の脳に巣食った血袴(ちばかま)を倒すことができるはずなんよ。




アニメ版「うしおととら」、絶賛放送中です。








Q.5


胃の調子が悪くて医師に胃カメラを進められたのですが恐くてなかなか踏み出せません。胃カメラの上手な先生を見分ける方法を教えてください。



お名前:みかんさん


A


お医者さんあるあるの一つに、「優秀な外科医は絵が上手い」っていうのがあるんよ。精密な動作と空間認識能力が要求されるのは外科手術も内視鏡も同じやから、まずはpixivでめちゃんこ上手い絵を描いている内視鏡医を探してみては? どうやって探せばいいのか、痴愚豚(ちぐとん)であるおじさんには皆目見当もつかんけどね。




役に立つようで立たない話だった。








Q.6


私はド田舎から都会に出てきたばかりの女子大生です。工場やガソリンスタンドでのバイトの話をしていらっしゃいましたが、あまり体力のない女子大生にもオススメのアルバイトはありませんか。ド田舎でダラダラ育ったこともあり、バイトなどしたこともなく、何があるのかもよくわかりません。



お名前:主食はペプシさん


A


これはもう一足飛びに「と金」を狙うべきやね。あなたの場合の「と金」とはズバリ、「新宿ゴールデン街のバーで働くこと」。この世はすべて表裏一体、弱みは強み、弱点こそがアルテマウェポンや。あなたの「物を知らない」という特性は、裏を返せば「謙虚に何でも学べる」ってこと。他人からすれば「教え甲斐がある」ってことなんよ。
 
だからあなたが今行くべき場所とは、この世でもっとも多くの「物教えたがりおじさん」が巣食っている新宿ゴールデン街をおいて他にないんや。そこで「そうなんですか!」「初めて知りました!」「やってみたいです!」の三語を繰り返しとるだけで、はぐれメタルを倒しまくった時みたいな勢いでレベルアップ音が鳴り響き、芋焼酎と麦焼酎の違いが分かるにしたがい、何らかのカルチャーに一家言ありげなオーラを身にまとえるよ。さらに二年も経てば、「まぁまぁのパターンのセックスは経験しました」って面魂(つらだましい)になっとること間違いなし! そうなればもはや、あなた自身が「TOKYO」なんよ。「TOKYO」そのものなんよ。王手! 飛車取り!




おじさんが言ってることはよくわからないけど、自分の適正に合ったバイトを探そうね。








Q.7


この前合コンで連日飲んでいて体調が悪かったのと、お酒が飲めない友達に変わって飲んでいたら、目も当てられないぐらい酔ってしまいました。そして最悪なことに友達の結構お高めのコートにリバースしてしまいました。次の日に友達にも合コン相手にも謝ったのですが、自分の中で今だに忘れられません。なにか私を慰めるアドバイスをお願いします。



お名前:げろりんさん


A


映画の脚本術の言葉で「半人前」っていうのがあってね。これは例えば人食いザメや殺人鬼みたいなモンスターが出てくる映画で、過去にそのモンスターと戦って何らかのダメージを負いつつも、かろうじて生き残った人物を指すんよ。映画「スウィートホーム」で言えば、超能力を持ってるガソリンスタンドのおっさんみたいなポジションの人ね。例えがめちゃ古くてごめんやけど。
 
半人前は主人公や観客に、「あの恐ろしいモンスターと戦うとどういうことが起こるか?」を教えることができて、これが物語の伏線になって映画が盛り上がるわけやけど、合コンでゲロ吐いちゃったあなたもこの半人前的な立ち位置の人になって、「合コンで泥酔する恐ろしさ」を後世に語り継ぐ存在として生きていったらええんとちゃう? 好メンツの合コンを前にキャッキャッと盛り上がる後輩たちの前に暗い表情でスッと現れ、「あなた達は、合コンの真の恐怖をまだ知らない……特に友達のコートにゲロを吐きかける恐怖を……」と、警告を与え去っていく。怯えた後輩たちは、「あの人のようにはなるまい」という決意を新たにするはずや。合コンでゲロ吐いた人が、今後世の中の役に立てるとしたらそのくらいやで。




さらっとひどいことを言うな。








Q.8


小学校のころからウンコ漏らし実験が我慢できません。お風呂場でパンツをはいたままウンコを漏らし、どういう感触でウンコが漏れるのか、どんな気持ちになるのかを試す実験です。最近は目をつぶって、会社での重役会議中だとか、満員電車の中だとか妄想したりもします。そのあとシャワーで洗い流す、パンツは洗濯機のなかに入れるというのを定期的にやってしまいます。来年結婚するのでそろそろ辞めたいんですが、どうすればいいでしょうか。



お名前:左の脇腹から上に倶楽部さん


A


最悪の相談だな。




タイガー……


ディストラクション!!(ぶりぶりぶりぶりぶりぶりぶりぶり)




でもサガットのウルトラコンボの名称を叫びながら漏らしてるおじさんに比べればずいぶんマシか。




サマソッ(ぶりぶりぶりぶりぶりぶりぶりぶり)








Q.9


おじさんはNUMBERGIRLが好きなのですか?どの曲が好きです?



お名前:向井しゅんとさん


A


「寝っ屁(ねっぺ)うるさくなって」




「鉄風鋭くなって」だろ。











Q.10


株を始めたんですが、何を買ったらいいのかよくわかりません。次に上がる株を教えてください。



お名前:テストサーバさん


A


そんなもんが分かれば、誰にも教えずおじさんが一番先に買っとるわ!

ただまぁ、これは三田紀房先生の「インベスターZ」にも書いてあるんやけど、投資においては「まず大きなトレンドを掴み、そこから小さなトレンドを見ていく」ってことが大事になってくるね。

「大きなトレンド」っちゅうのは、誰もが何となく分かるような世の中の大きな流れね。例えばロボットが今まで人間がやってた仕事を代わりにやるやろうとか、女性の社会進出が増えるやろうとか、何となくそうなってくんちゃうかなーって流れ、みんな感じとるわけやん? そしたら次は、実際に世の中が変わっていったら具体的にどういうことが起こるやろ? って考えるわけ。今以上に外国人旅行者が増えたら、マツモトキヨシの売上はもっと上がりそうとか、ラグビー日本代表の五郎丸選手がとんかつ好きだから、かつやの株買っとこうとか。日々の生活でそういう小さな気付きを大事にしていくと、投資の面白みが出てくるんちゃうかな。

おじさんがこれからくると思ってる大きなトレンドは、最高に意外かもしれんけど「小学4年生」や。おじさん、疲れた時はよく使い込まれた小学4年生の子どもさんの上履きで鼻と口を覆って、深く深くブリーズインすることでリラックスするんやけど、これは今に世の中の常識になるやろうと確信しとるんよね。「何をバカなことを」と思う人もいるかもしれんけど、今みんなが当たり前のように持ってるスマホ。こんな小さいパソコンを一人が一台持つ時代がくるなんて、10年前に予見できた? おじさんに言わせれば、子どもさんの上履きも全く同じこと。世界の常識って簡単に変わるもんなんよ。

今に一人が一足、小学4年生の子どもさんの上履きを懐に忍ばせる時代がやってくる。「物足りんな」と思った時に、足の臭いを足すスメルスプレーも飛ぶように売れるはずや。来るべき新時代の到来に備え、おじさん初期投資として練馬高野台のガスタンクを一基買って、その中にスプレーの香りに使う腐ったアオリイカを貯蔵していってるんよ。信じれば、イノベーションは必ず起こる。そのためにミンチーのお給金も費やしていいよね? ね?






(バシュウッ!)




うぼあっ! ミンチー、警告もなしにバレットM82を撃つのはやめて? それ、装甲車にも損傷を与えられるほどのいりょ






(バシュウッ!)
(バシュウッ!)
(バシュウッ!)




びっ






(バシュウッ!)
(バシュウッ!)
(バシュウッ!)
(バシュウッ!)
(バシュウッ!)




………




(カンッ カラカラカラカンッ)(薬莢が転がる音)




























お名前*
メッセージ*