ロースおじさんの丁寧な暮らし







▼2015年12月07日


おじさんの朝は、いつだって丁寧な朝食から始まる。
 
 
まずはやや厚切りの状態で冷凍保存しておいたブランジェ浅野屋のスペシャルブレッドを、デュアリットのポップアップトースターへセット。熱源に「天然雲母板」を採用する唯一のトースターであるデュアリットは、迅速な熱伝導と高い負荷熱安定性を誇り、家にいながらにしてまるで石窯で焼いたような「外カリ中モチ」のトーストが味わえる逸品や。そんな最高のトーストをお出迎えするお皿は、“フィンランド陶芸界のプリンス”ビルガー・カイピアイネンが唯一残したプロダクトであるアラビア社のブラック・パラティッシ。一見、主張の強いデザインに見えつつも、和・洋・中すべての料理を引き立てる懐の深さ。おじさんの心がける「良質で丁寧な暮らし」には欠かせないマストアイテムやね。
 
 
チリチリとトーストが焼けるのを待つ間、ザッセンハウスのミル・ブラジリアでコーヒー豆を挽くのも、おじさんの大切な時間や。ハンドルを回す時に軸がぶれないしっかりとした作りが特徴のザッセンハウス社のミルは、均等でムラのない抽出を可能にするんよね。挽く豆は気分によって変えるんやけど、最近ハマっとるのは堀口珈琲の「♯6 WINEY&VELVETY」やね。エチオピアナチュラル独特の華やかな赤ワインのような香りが広がるこのブレンドは、クッキリした苦味の割に爽やかな後味が特徴で、実におじさん好みのお豆さんや。
 
 
毎朝の朝食に手を抜かないこと、それは人生に手を抜かないこととおんなじや。エシレのバターをたっぷり塗ったトーストと付け合せのクレソンサラダを綺麗に平らげたおじさんは、クランベリージュースをコップ一杯飲み干し、体中が気力に満ち満ちるのを感じながら、玄関のドアを開ける。今日もまたおじさんの知らない一日が始まるんや。人生ってほんまに素敵やね。
 
 
おじさんが新しい朝の一歩を踏み出すと、回転するパトカーの赤色灯が目に入った。近所の小学校の排水口がヨダレだらけの紙粘土で一つ残らず覆われた件で、今日おじさんは任意同行の上、取り調べを受けるんよ。校舎2階の女子トイレに、興奮のあまり排尿の後を残してしまったのが運の尽きやった。腕利きの弁護士を知っとる人は、ぜひおじさんまで連絡してね。金ならいくらでも積むからね。この時期の拘置所は、芯から冷えるんやろうねえ……。