とんかつQ&A「自炊」

Q.
 

ロースおじさんこんにちは。僕は社会人2年目なのですが、最近自炊がツラくなってきました。最初のうちは食費も浮くぞと思ってがんばってたんですが今は台所に立つのも面倒な感じです!永遠に食べれるお手軽料理的なのがあったら是非教えてください!!



お名前:Hamanasさん





A




自炊、別にしなくていいんじゃない?


いきなり元も子もないこと言ってごめんね。でもツラいぐらいならやらんほうがええで。マジで。

もしかしたら質問者さんは、「自立してるなら自炊できなきゃダメだ」って意識を持ってるのかもしれんね。でも別にそんなことないからね。冷蔵庫を開けて「う〜ん、ま、これだけあればなんとかなるっしょ」とつぶやき、ありあわせの食材でちょっとしたガパオライスもどきを作れる向井理みたいな人間になれたらそりゃ最の高よ? でもそんなビールのCMの向井理になることだけが、自立への道じゃないからね。
 
たとえば、タイだと普通のアパートにはキッチン自体ついてないんよ。みんな屋台で買ったもの食べるから、自炊という発想がない人が多いんや。そんな自立の形もあるわけやし、できあいの物ばかり食べてても健康さえ維持できればオールオッケーやとおじさん思うで。
 
で、気になる食費やけど、たしかに食費を抑えようと思ったら自炊の方が金はかからん。でもそこにプラスされる時間的コストも加味したら、実質トントンぐらいなんやないかな〜と思う。食材買ったり皿洗ったりする時間を省略して、『ペルソナ5』に全身全霊を打ち込めるとしたら、むしろ自炊しない方が人生プラスでは?
 
いちばんよくないパターンは、自炊のご利益を享受しようと「安くて早く作れるもの」ばかり作って、消化試合的な作業と味に飽き飽きして、自炊そのものを嫌いになってまうことや。そんでたまの外食で「自炊してると、1100円のパスタとかバカバカしくて食えないっすわ!」と平気でのたまうようになる。
 
どんな行動もただの手段に堕ちると、一気に味気なくなるんよ。それでも料理を続けるなら、いっそ「めんどくさい料理」のときだけ自炊したほうがいいかもしれん。茶碗蒸しとかエビチリとか、けっこう手間のかかるものをあえて1から作ってみる。そのほうが料理そのものがイベントになって、総合的には身につくかもよ。
    
で、ご質問の「永遠に食べれるお手軽料理」やけど、おじさんオススメのレシピがあるんよ。作り方はカンタン! 使い終わった湿布に貧乏食のお供、モヤシをトッピング! そんでクルクルクル〜っと巻けば……


お待ちっ! 特製「モヤ湿布のりまき」の完成だぜィ〜〜! う〜ん…………………オ〜マイコ〜ンブ!!!!(原作:秋元康)
 
 
 
じゃあおじさん、「ペルソナ5」で三身合体の材料にならないかんからこの辺でね。来週もギリメカラで物理反射!






ロースおじさん公式グッズSUZURIで販売中!